明日に備えてもう寝ます

それ以上でも 以下でも ありません

4/10晴れ、宇宙人と働いている話

4月。

私自身は異動がなかったが、それでも忙しいのに変わりはない。ブログを書くのも久しぶりになってしまった。

 

その日は私の誕生日だった。一年ぶりの誕生日、と言っても今日は平日でろくに買い物も行けないから、週末にケーキでも買いに行こう、そんなことを考えながら出社する。さあ、今日も頑張りましょう。仕事中、異動してきた後輩に打ち合わせで使う会議室を案内するため、廊下へ連れ出す。ここがこーでさー、あーでさー等と説明してまた席に戻り、しばらくした後。パートの方からちょっといいですかと声を掛けられたので再び会議室へ向かった。

「私、何かしました?」

聞けば、私と後輩が連れて出ていったことや、その後輩にある社員が声を掛けた内容から、パートさんが何かしてしまったのでみんなで後輩を気遣っている、と考えたらしい。ので、私に、単刀直入に聞いてきたのだ。いやいや、私は単純に会議室の案内をしていて、ついてにその辺をぶらぶらしていただけで、そんなことは一切ございませんよと説明すると、今度はパートさんから職場の雰囲気が変で働きにくい、と相談された。

問題となっているのは、とある人物の行動だった。

私も働き始めて9年目、一応、中堅だ。パートさんから相談事の一つや二つされるようになったのかとのんきに考えていたものの、正直、新年度になってから変な感じなのは同じように思っていたので、困ったわねーとやはりどこかのんきに考えていた。

 

画面の向こうには人間がいる。

これは、いつかの研修で言われた言葉で、当時の私にとっては衝撃と言うか、考えたことのない視点だった。メールでも電話でも、文書でもなんでもいい。仕事でかかわっている連絡や通知、業務の指示は、簡潔な文字列で送られてくるけれど、その向こう側には血の通った人間がいる。そのことを忘れて、頭ごなしに否定したり強い言葉で責めるような対応をするのは、はたして適切かどうかという趣旨なんだけれど、今、我が職場で起こっていることはそういうことだった。

なので、あの人、宇宙人なんですよ、と教えてあげた。

科学が進んでいる自分の星が絶対的に正しいから、私たち地球人とは価値観が違う。その、話題の人物が後輩に何か話しかけるけれど、どう答えたらいいか後輩が困惑しているところを見ると、この宇宙人はまだ日本語が苦手らしい。何もなく静まり返った室内で、急に「大丈夫?」はさすがに意味がわからない。なんのこっちゃ。

その宇宙人から見たら私たちもまた宇宙人で、なんでこんな簡単なこともできないのか、と不思議に思うのは仕方がないけれど。

異星間交流に慣れていない私は、できれば私は地球人と働きたい。……と、偉そうに思ったけれど、私だってもしかしたら、実は火星人だったりするのかもしれない。何はともあれ、自分と違う考え方をする生き物を、まあいろんな考え方があるよね、と認められるようになった分、私は成長したのだと気づいた誕生日であった。

f:id:uhi13:20210410164901j:plain

やっと咲き始めた桜

2/14晴れ、一生のお付き合い

道を歩いていると、高校生くらいの男子二人の会話が聞こえてきた。

「明日は運命の日!お前もらった?」「冷蔵庫に1個入ってる」「えー、俺は無理くさい」「俺があげるから大丈夫」

お店に入ると、幼稚園はまだくらいの姉弟が何か話している。

「バレンタインってなにー?」「しらなーい」

続きを読む

2/13晴れ、バタコさんに新しい顔を投げてもらえれば万事解決

今季2敗目と相成った。

場所は職場近くのゆるい坂道。日中は暖かく、硬く圧縮された雪もとけて歩きやすい、と油断していた時だった。アスファルトの色が少し濃くなったそこに踏みだした左足はそのままずるりと滑り、なす術もなくお尻からどすんと着地する。絵に描いたような、見事な転び方であった。

濡れているだけと思わせて実はうっすら凍ってました、って一番たちが悪い。

続きを読む

ホットチョコレートの壁

ここのところ一日ずっと氷点下の日が続いていたせいか、最高気温がプラスなだけでとても暖かく感じるようになった。歩道を覆う雪と氷はとけて、シャリシャリのシャーベット状なので歩きににくくはあるけれど、すべらない。意味もなく近所を歩くのが、なんて楽しいんだ!

続きを読む

1/30晴れ、多勝1敗1引き分け、イエローカード1

人生には何度か「負けられない戦い」が存在する。振り返ってみればそれほど大層なことではないものの、負けたら後がないと本人は真面目に考える。

私の戦いは、毎年冬に始まる。

続きを読む